ピナコのフリールーム

経験をもとにお役立ち情報を発信!

電気圧力鍋シロカで作るレシピ 鶏肉のトマト煮込み

鶏肉のトマト煮込み タイトル 画像

こんにちは、ピナコです!

 

電気圧力鍋を使ったお料理の紹介です!

とても便利なので結構な頻度で使ってしまいます。

 

電気圧力鍋 シロカ siroca

 

実際に私が作って本当に楽だった、良かった!

というレシピをアレンジ加えながえら紹介していきます。

 

今日はその第5弾のメニューの紹介です!

早くも第5弾になりました。

いつもみてくださっている方ありがとうございます★

 

料理っていいくつか並行して作ることもありますよね。

そんな時にも、1品これで作れるだけでも楽になると思います。

圧力鍋だと、普通に作るよりも時間短縮できるのがとても便利で、

しかもコンロを使わない電気式なのが安心して使えるポイントです。

 

第2弾で紹介した猛烈にオススメしたい「無水カレー」はこちら!

www.pinakoblog.com

 

今回第5弾となるメニューは、

「鶏肉のトマト煮込み」です!

 

ちゃんとこれでおかずになる料理ですね。

炒める工程ゼロなのでとってもカンタン&楽です!

 

電気圧力鍋シロカ(siroca)で作るレシピの紹介 

オススメ度(★は5段階)

美味しさ:★★★★★

ラク度合い:★★★★★

出来上がりまでの目安時間(全工程):60分

 

用意するもの

材料(2人分)

※赤字はより美味しくなるよう私がアレンジで変えた部分です

  • 鶏もも肉・・・250g
  • 玉ねぎ・・・1/2個(1個) 
  • セロリ・・・1本
  • ローリエ・・・・1枚(なくても平気)

 <A>

  • トマト缶(カット)・・・400g
  • コンソメ(顆粒)・・・大さじ1/2
  • 砂糖・・・大さじ1/2
  • 塩・・・小さじ1/2
  • こしょう・・・少々
  • すりおろしにんにく(刻みにんにく)・・・小さじ1/2
  • プレーンヨーグルト・・・大さじ2

作り方

1. Aを混ぜ合わせる。

味を左右するのはこの部分なので、味見して多少調節してください。

上記の分量でとても美味しくできますが、塩とにんにくは気持ち多めに入れました!

もうここはいつも通り自分の舌を信じて、

 

Trust my 舌!!!

 

の精神でやっていきましょう。

鶏肉のトマト煮込み 味付け

 

2. 鶏もも肉は一口大に切り、玉ねぎ・セロリは粗みじん切りにする。

セロリ 玉ねぎ みじん切り

こんな感じ〜
  

3. 内なべに玉ねぎ→セロリ→鶏もも肉→A→ローリエを順に入れて本体にセットし、

蓋を閉める。

 

鶏ももまで入れるとこんな感じ

圧力鍋 具材の順番 画像

そのあとAを入れます!

ソース 入れ方 画像

 

入れましたら、

圧力調理ボタンを押して加圧時間を「00:15」に設定し、スタートボタンを押す。
 

4. 加圧が終わり、圧力ピンが下がったら蓋を開け、軽くかき混ぜたら出来上がり!

 ※加圧終了後、圧力ピンが下がるまでは20分くらいかかります。

鶏肉のトマト煮込み 加圧後 画像

この水分は全部、野菜から出ているものです。

圧力ってすごい。

  

出来上がり絵図↓

鶏肉のトマト煮込み 完成 画像

一口食べた瞬間「うまっ!!!」ってなりました(*⁰▿⁰*)

しかも、炒める工程とかなくてすごいカンタンでした!!

 

まとめ

電気圧力鍋シロカ(siroca)で作る鶏肉のトマト煮込みを紹介しました。

非常にカンタン!そして無水料理だから野菜の旨味がギュッと濃縮されて、

塩気と野菜の甘みが良いバランスです。ヨーグルトも効いていますね。

特に、入れてスイッチ押す系のレシピなので、圧力鍋ならではの楽さが活きるレシピですね。

 

味はしっかり付いていたので、リゾットにしたり、パスタにかけるのもオススメですよ♪

また新たなレシピに挑戦して紹介していきます!

 

ではまた!!