ピナコのフリールーム

経験をもとにお役立ち情報を発信!

電気圧力鍋シロカで絶品レシピ! 無水カレー

シロカ 無水カレー レシピ
 

こんにちは、ピナコです!

 

電気圧力鍋 シロカ(siroca)

 

で作るレシピで、実際に私が作って本当に楽だった、良かった!

というレシピをアレンジしながら紹介していきます。

 

今日はその第2弾のメニューを紹介します!
 

料理はしたいけど時短で楽に作りたい、仕事終わりの料理を楽にしたい、そんな方にこの圧力鍋の魅力をお伝えできればと思います。

 

シロカの利点・欠点については第一弾の記事をご覧ください。

www.pinakoblog.com

  

 今回第2弾となるメニューは、

「無水カレー」です!

 

このメニューはズバリ「カンタン&時短&美味しい」。実際作ってみてとても良かったので、ぜひ参考にしてください!!

 

電気圧力鍋sirocaで作るレシピの紹介 

オススメ度(★は5段階)

美味しさ:★★★★★

ラク度合い:★★★★

出来上がりまでの目安時間(全工程):55分

用意するもの

材料(2人分)

※赤字はより美味しくなるよう私がアレンジで変えた部分です

  •  鶏もも肉・・・200g
  • 完熟トマト・・・2個 
  • ローリエ・・・1枚(なくても大丈夫)
  • カレールウ・・・・60g(固形ルウ4ブロック分ぐらい)

 <A>

  • 玉ねぎ・・・1個
  • にんじん・・・1本
  • セロリ・・・1本

作り方

1. 鶏もも肉は一口大に切る。Aはみじん切りにする。

※玉ねぎは圧力で結構柔らかくなるので、みじん切りまでしなくてもOK✨

 

 2. カレールウは細かく刻む

カレールウ 刻む 画像


カレールウは数種類混ぜるのもおすすめです!

 

3. 内なべに1の野菜・鶏もも肉・ローリエ(使う人)を順番に入れて本体にセットし、蓋をしめる。

 

無水カレー 圧力鍋 入れ方

野菜を入れたら上に鶏肉を重ねます

無水カレー 鶏肉 画像

 

(写真だと鶏肉が少ないですが、200g使えば、表面が埋まるぐらいになります。

 

メニュー/タイマーボタンを押して「無水カレー」を選び、スタートボタンを押す。

無水カレー 加圧時間 画像

 

4. 加圧が終わり、圧力ピンが下がったら切ボタンを押して、蓋をあけ、ローリエを取り出す。

※加圧終了後、圧力ピンが下がるまでは20分くらいかかります。

 

5. カレールウを入れる。

シロカ 無水カレー ルウ
 

6. 蓋を閉めずに圧力調理ボタンを押して、調理時間を00:01(1分)に設定しスタートボタンを押す。

無水カレー 圧力調理時間

 

カレールウを混ぜながら溶かし、とろみが出たら出来上がり!!

※圧力調理しているとき、グツグツしてカレーが飛び散るので注意。

※ルウを入れたら絶対に蓋を閉めないこと。

 

出来上がり絵図↓

無水カレー 完成 画像

 

これ、本当に美味しかったので、オススメです。

すぐに感じたのは、水を使わない分、野菜の旨味がギュッ!!!と凝縮しているのが

わかる味だったこと。

 

使うルウによって味は左右するので、辛い時ははちみつを入れたり、

ジャムを入れたり、普通のカレーのようにアレンジも可能です。

 

<プラスアイテム>

ちなみに、カレーの上に「食べるラー油」的なものをのせて食べると美味しかったので

使ったものを載せときます。

食べるラー油 画像

とても香ばしくて美味しかったので止まらなくて大量にかけて食べました(笑)

にんにく好きにはたまらん味になります。

 

今回紹介した無水カレーは、事前に野菜を炒める必要もなく、具材を入れて圧力かけて、ルウを入れるだけなので、数あるメニューの中でもかなり簡単なレシピです!

  

まとめ

電気圧力鍋sirocaで作る無水カレーを紹介しました。

圧力鍋を買うまでは無水カレーなど作ったことなかったですが、お店レベルの味ができます。

 

個人的には水を使うカレーの味よりも好きなので、すでに何回も作っています。

 

仕事から帰って作ることもありますが、

ただひたすら具材を無心に切ってしまえばあとは終わったようなものです(笑)

 

レシピにじゃがいもがないのも、時短に貢献しているのかもしれません。

 

ではまた!!